平屋の新築の価格について

平屋建ては、広々とした住み心地と、将来年を取った時でも暮らしやすいといったことで人気があります。

 

 

 

1階平屋で100u、2階建てで100u同じ床面積で比較すると、1階建ての方が平面的な広さがあります。

 

 

 

しかし、平面的な広さが大きいということは、コンクリートの基礎の量が多くなるということです。土を掘り起こして作るコンクリートの基礎の部分が大きくなると、どうしてもコストがかかるのです。

 

 

 

しかし、2階建てになると、必ず階段が必要となります。階段は、部屋ではなくて通過するための同線でしかありません。ですが、平屋だと、階段が無い分広くスペースを使うことができます。

 

 

 

使用できる面積の面だけで判断すると、平屋建ての方が得になると言えます。また、建築時に平屋だと大掛かりな足場を組む必要がないので、足場にかかるコストがかからないというメリットもあります。

 

 

 

単純に坪単価だけで考えていけば、平屋は2階建てよりもコストがかかりますが、夫婦のみなど少人数で住むのであれば、30坪以下でも十分住みやすい平屋を低コストで建てることができます。それに、後々にかかるメンテナンスは、平屋の方が低コストで済むというメリットもあります。

 

 

 

但し、平屋といっても個性的で複雑な形状の間取りにしてしまうと、工期や人件費がかさんでしまいます。そのため、コストを抑えたい場合は、シンプルな形状にすることが大切です。同様に、屋根の形状もシンプルなものを選びましょう。

 

 

 

更に、キッチンや浴室などの水回りを一か所にまとめた間取りにすることで、コストを削減することができます。気になる新築価格ですが、2LDKで平均1、000万円くらいかかります。

 

 

 

プレハブ式の新築平屋だと、30坪で200万円台といった低価格で建てることも可能です。プレハブといっても物置のようなものではなく、耐震や断熱などがしっかりしています。海外でも、プレハブのお洒落な平屋がポピュラーになってきています。例えば、タリーズコーヒーの店舗は、プレハブハウスで建てられています。

平屋住宅を購入するとなると、やはり価格などは重要なポイントになります。
できるだけ価格は低く抑えたいと、多くの方々は望んでいます。

 

 

 

 

ところで住宅を購入する上での比較基準の1つに、坪単価という物差しがあるのです。それが高いか低いかによって、住宅の価格をある程度判断する事ができます。
そもそもその単価は何かというと、1坪あたりの値段になります。例えば住宅の販売額が、3,000万だとします。そして住宅の総合面積が、30坪になっているとします。

 

 

 

 

当然その場合は、1坪あたりの価格が100万になる訳です。この100万という数字が、もちろん坪単価になります。
それで住宅によって、その単価も異なる訳です。上記の100万というのは少し極端な例で、もっと低めな住宅も数多く見られます。40万や70万など、住宅は本当に多彩です。

 

 

 

 

そしてリーズナブルな住宅を望むならば、やはり坪単価が低い物件に着目する事になるでしょう。上記のように100万と40万と70万という3つの住宅があれば、40万の物件に着目する事になり得ます。

 

 

 

 

ただ1点踏まえておいた方が良いのは、平屋住宅には平均的な価格はあります。いわゆる相場です。平屋の場合は、全般的には30万円台や40万円台が多いです。上記のように100万という住宅は、めったに見かけるものではありません。したがってその住宅は、かなり割高と言えるです。逆に70万なら、大いにありえる数字です。様々な趣向が凝らされた住宅などは、70万前後になる事もよくあります。

 

 

 

 

このような平均的な数値は、ある程度覚えておく方が良いでしょう。妥当な金額で物件を購入できるか否かにも、大きく関わってくるからです。
ただその坪単価に対する内訳なども、よく確認するのが無難です。その単価の中に工事費用や設備費用などが入っているか否かも、確認すべき点の1つです。

 

 

 

 

坪単価が30万の物件を見つけて、かなり安いと思ったら、別途で別の費用を請求されてしまう事もあります。それを防ぐ為にも、やはり坪単価の内訳は確認するのが無難です。

続きを読む≫ 2016/08/18 09:49:18

平屋を安く建てたいという人におすすめなのがタマホームです。
タマホームといえばネームバリューもあり安心して利用しやすいという事もありますが、
単純に平屋を建てる際の費用が安いという点がポイントになります。

 

 

 

坪単価で見ても他の業者と比較すると安価になっています。
ただし、単価の計算方法が独自のものになっているため正確な金額は分かりにくいという欠点もあります。
それを差し引いても実際に安いわけですからタマホームを選ぶ人が多いのは納得です。

 

 

 

そもそも広告している坪単価と実際の坪単価では価格が違うというのは他の業者でもよくあることです。
というのも地盤の補強などを行う費用が上乗せされるためです。
他の業者でも同様に広告されている坪単価と実際の坪単価にはズレがあるためタマホームが極端な事をしているわけではないのです。

 

 

 

タマホームの平屋ははっきりと言ってしまってハイグレードの家にはなりません。
その一方で安いため粗末な家になってしまうという事もありません。
安価な価格帯でタマホームほどの品質を保っている業者はほとんどないと言ってもよいでしょう。
そこそこ安価でそれなりの平屋が建つということで経済的に余裕があるわけではないもののマイホームを持ちたいという人に最適と言えます。

 

 

 

ただし様々なオプションをつけようと考えると想定よりも工事費用が高くなる事もあるようです。
あくまでも、それなりの家を建てるのに適した業者と考えておきましょう。

 

 

 

また一定の坪数を上回る家の場合など条件つきで設備のグレードが上がるようです。
どの程度の広さで平屋を立てるのかでも設備が変わってくるため、しっかりと事前に調べておく必要があります。

 

 

 

タマホームでは直接家の品質とは関係ないものの営業さんの当たり外れは大きいようです。
これについては運としか言いようがありません。
ただし、営業などの問題でトラブルがあった場合のアフターケアはしっかりとしているようです。
そういった意味では安心して利用出来る業者です。

続きを読む≫ 2016/08/18 09:47:18

平屋が高いのは建物の構造上当然のように高くなります。
まず、同じ坪数の平屋と2階家を比較した場合、基礎工事がが2階の分だけ増えます。
だから、土地も2階の分だけ広さが必要になります。

 

 

 

屋根工事も、瓦などの屋根材が2階分だけ、余計に必要です。
柱の数も余計必要です。
建築の手間代も2階の坪数以上に坪単価が高くなってしまいます。

 

 

 

これは平屋の場合は、手間が大分余計にかかってしまうという理由から仕方がないことです。

 

 

 

外構工事も平屋は、地坪が2階家より相当広くなりますので当然工事費はかさみます。
施主は、便利さを優先して平屋を選択しますが、予備費とか建築に素人の施主が気が付かない予備費や水回り工事、電気工事、外壁工事、建物内部の床工事や仕切り工事、ドア工事、サッシ工事などほとんどの工事が平屋は高くつくのです。

 

 

 

だから平屋で家を建てる人はそのメリットは承知していても、平屋では建築費のことを考えると2階家になってしまいます。

 

 

 

平屋のメリットは多いです。 
まず、バリやフリーが当たり前です。
生活動線も単純になります。

 

 

 

住んで住みやすいと多くの平屋で建てた人はおっしゃいます。
それは当然です。

 

 

 

デメリットはほとんどないのではないでしょうか。
昔からお金持ちの家は平屋が多いのがそれを証明しております。
日当たりは良いし、高齢者になれば余計平屋の便利さが実感されるようです。

 

 

 

洗濯物を干すのも、布団を干すのも平屋の方が便利ですし、玄関へお客様などがお見えになった場合に出ていくのも早く出て行かれます。

 

 

 

若い人は気が付かなくても高齢者になると体を動かすのが、膝が痛かったり腰が痛かったりで大変なのです。

 

 

 

そのために高くても平屋を望む人が多いです。
建築費よりも健康と生活の便利さを選ぶのも無理からぬところです。
高齢化社会を迎えて、これからはさらに平屋住宅が増加するでしょう。

 

 

 

確かに平屋は高いですが、その人の事情が許せば平屋が便利と言うことは誰しも知っていることです。

続きを読む≫ 2016/08/18 09:44:18

平屋の住宅を作っているメーカーの1つに、積水ハウスがあります。そのメーカーによる住宅に魅力を感じる方々は、かなり多いです。

 

 

 

具体的にどのような魅力があるかというと、例えば間取りの構造です。そもそも平屋の住宅などは、壁によって仕切られているケースも珍しくありません。つまり数多くの部屋があって、その間には仕切り壁が存在する訳です。

 

 

 

ところが積水ハウスによる住宅の場合は、原則としてその仕切りが無いタイプになります。いわゆるワンフロア住宅になりますので、家族とのつながりが感じられる事が多いです。仕切り壁があると、家族との距離が離れてしまうケースも多いのですが、やはりそれが無い方が密接感があるでしょう。それに伴う温もりなどは、積水ハウスによる平屋の大きな特徴の1つです。

 

 

 

 

それと積水ハウスによる平屋住宅の場合は、段差に関する特長もあるのです。なぜなら殆どの住宅には、段差が存在しません。それは足があまり良くない方々にとっては、メリットが大きいです。

 

 

 

 

そもそも戸建て住宅などでは、全般的に段差が多い傾向があります。それでは足が不自由な方々としては、移動が大変になってしまう事も多いのです。特に年配者の方々は、その傾向が顕著です。

 

 

 

ところが積水ハウスによる住宅の場合は、床面がフラットになっていますので、特に転んでしまう確率も低いと考えられます。それだけスムーズに移動できるのが、積水ハウスの魅力の1つと言えます。

 

 

 

また積水ハウスには、庭に関する特長もあります。住宅の部屋部分と庭までの距離が非常に近い上に、部屋の中はガラス一面張りになっているのです。それだけに部屋の中から、庭の状況を観察する事もできます。

 

 

 

部屋の中から庭の状況を見渡せると、それだけ季節感もあるのです。それだけ住宅の雰囲気も良くなる事が多い訳です。その庭との一体感も、積水ハウスによる平屋の魅力の1つと言えます。すなわち壁と段差と庭という3点が、積水ハウスの主な魅力です。

続きを読む≫ 2016/08/18 09:40:18