積水ハウスの平屋について

平屋の住宅を作っているメーカーの1つに、積水ハウスがあります。そのメーカーによる住宅に魅力を感じる方々は、かなり多いです。

 

 

 

具体的にどのような魅力があるかというと、例えば間取りの構造です。そもそも平屋の住宅などは、壁によって仕切られているケースも珍しくありません。つまり数多くの部屋があって、その間には仕切り壁が存在する訳です。

 

 

 

ところが積水ハウスによる住宅の場合は、原則としてその仕切りが無いタイプになります。いわゆるワンフロア住宅になりますので、家族とのつながりが感じられる事が多いです。仕切り壁があると、家族との距離が離れてしまうケースも多いのですが、やはりそれが無い方が密接感があるでしょう。それに伴う温もりなどは、積水ハウスによる平屋の大きな特徴の1つです。

 

 

 

 

それと積水ハウスによる平屋住宅の場合は、段差に関する特長もあるのです。なぜなら殆どの住宅には、段差が存在しません。それは足があまり良くない方々にとっては、メリットが大きいです。

 

 

 

 

そもそも戸建て住宅などでは、全般的に段差が多い傾向があります。それでは足が不自由な方々としては、移動が大変になってしまう事も多いのです。特に年配者の方々は、その傾向が顕著です。

 

 

 

ところが積水ハウスによる住宅の場合は、床面がフラットになっていますので、特に転んでしまう確率も低いと考えられます。それだけスムーズに移動できるのが、積水ハウスの魅力の1つと言えます。

 

 

 

また積水ハウスには、庭に関する特長もあります。住宅の部屋部分と庭までの距離が非常に近い上に、部屋の中はガラス一面張りになっているのです。それだけに部屋の中から、庭の状況を観察する事もできます。

 

 

 

部屋の中から庭の状況を見渡せると、それだけ季節感もあるのです。それだけ住宅の雰囲気も良くなる事が多い訳です。その庭との一体感も、積水ハウスによる平屋の魅力の1つと言えます。すなわち壁と段差と庭という3点が、積水ハウスの主な魅力です。