平屋の坪単価について

平屋住宅を購入するとなると、やはり価格などは重要なポイントになります。
できるだけ価格は低く抑えたいと、多くの方々は望んでいます。

 

 

 

 

ところで住宅を購入する上での比較基準の1つに、坪単価という物差しがあるのです。それが高いか低いかによって、住宅の価格をある程度判断する事ができます。
そもそもその単価は何かというと、1坪あたりの値段になります。例えば住宅の販売額が、3,000万だとします。そして住宅の総合面積が、30坪になっているとします。

 

 

 

 

当然その場合は、1坪あたりの価格が100万になる訳です。この100万という数字が、もちろん坪単価になります。
それで住宅によって、その単価も異なる訳です。上記の100万というのは少し極端な例で、もっと低めな住宅も数多く見られます。40万や70万など、住宅は本当に多彩です。

 

 

 

 

そしてリーズナブルな住宅を望むならば、やはり坪単価が低い物件に着目する事になるでしょう。上記のように100万と40万と70万という3つの住宅があれば、40万の物件に着目する事になり得ます。

 

 

 

 

ただ1点踏まえておいた方が良いのは、平屋住宅には平均的な価格はあります。いわゆる相場です。平屋の場合は、全般的には30万円台や40万円台が多いです。上記のように100万という住宅は、めったに見かけるものではありません。したがってその住宅は、かなり割高と言えるです。逆に70万なら、大いにありえる数字です。様々な趣向が凝らされた住宅などは、70万前後になる事もよくあります。

 

 

 

 

このような平均的な数値は、ある程度覚えておく方が良いでしょう。妥当な金額で物件を購入できるか否かにも、大きく関わってくるからです。
ただその坪単価に対する内訳なども、よく確認するのが無難です。その単価の中に工事費用や設備費用などが入っているか否かも、確認すべき点の1つです。

 

 

 

 

坪単価が30万の物件を見つけて、かなり安いと思ったら、別途で別の費用を請求されてしまう事もあります。それを防ぐ為にも、やはり坪単価の内訳は確認するのが無難です。